自分の始末つけられるくらい貯金

過去に友達にお金を借りました。友達とはどのくらい友達かというと、とっても仲の良い友達です。

返せないと困るので、ほんとうに必要な3万円だけ借り、よく月バイト代で返しました。

驚くことに学生時代に付き合っていた彼氏と避妊しながらセックスしていたのに妊娠が発覚。

はっきり言って頭はパニックでした。

もちろん産もうという選択肢はなく、でも中絶するのに10万円かかるということ。

仕送りを受けていたのに貯金もせずにいたため、自分でお金が全て払うことができませんでした。

バイト代をあてにして、友達から3万円借り、相手から5万円もらい、自分では2万円しか出せないという情けない思いをしました。

自分の始末を自分でつけられない情けない20歳だなと。。。

友達には事情を話し、借りました。

もちろん翌月にすぐ返しました。

でも、なんていうか、友達はそんなこと思っていないかもしれないけど、「自分の始末つけられるくらい貯金しときなよ」と思われたんじゃないかと思って、なんとも言えない微妙な気持ちだけ自分の中に残りました。

キャッシング会社

クレジットカードのキャッシングサービス

以前、有名な棒クレジットカード会社のカードを作ったところ、「キャッシング」サービスが付いていました。
手軽に、手軽にお金を借りることが出来るので、銀行みたいに貯金額を確認して引き落とす心配もなく、手軽さから、その額が増えていったのを覚えています。
返済は、毎月「1万円」と決まっていたので、返済が苦になることはありませんでした。
しかしながら、借入額は、かさむばかりで、毎月の返済が1万円では、そのうちの、かなりの金額が、利息だったのを覚えています。
よって、元本の返済はあまり行われていませんでした。
昨今、たくさんのキャッシングサービスがあり、手続きなども簡単なため利用されている方もたくさんいらっしゃいますが、しっかり考えてから利用したいものですね。
わたしの場合、最終的に、一括で返済したのですが、その際、クレジットカード会社から、かなりしつこく、一括で返済することを渋られました。
あの時、一括で返済してなかったら、長い間、返済が続いていたと思います。

レイク キャッシング