ダイエット停滞期

ダイエットを決意して、ダイエットを始めると、なかなか体重が減らない時期がありますよね。

ここをどうやって乗り越えるのかが、ダイエットを成功させるポイントになるんですね。

人間のカラダは、生体の内部や外部の環境が変化しても、ある一定の状態を保とうとするホメオスタシスという性質がありますよね。

ホメオスタシスは危機管理システムとも考えられますから、体重が減るということは身体の機能が問題ないかを判断するのです。

問題がなければ再び体重が落ち始めます。

今までダイエットで失敗してきたのは、この停滞期をうまく乗り越えることができなかったことが原因のことが何度もあります。

ダイエットをしていると、体重が減っている間はこのやり方に問題がないと思っているのですが、体重の減り方がとまったり、増えたりする後疑問が生じます。

これでいいのか?なにか間違っているのか?もっとスゴイダイエット法を取り入れたほうがいいのか?

いろいろと考えて、失敗してしまうんですね。

元々太る環境を作ったわけですから、それを数カ月で変えるわけですから、そううまくいく時ばかりではありませんよね。

うまくいかないときにあれこれと考え過ぎて、不安を大きくさせるよりも、こんな時期もあるって気楽に考えて、今までのダイエット法を淡々とこなしていくのがいいですね。

中には停滞期に入ったらこれでもかと一気にドカ食いをして、その後ダイエットを繰り返すと、それが起爆剤になって停滞期を乗り越えることができる方法もあるようです。

正しいダイエット

ダイエットがスムーズに行く人は、感情的な人よりも理性的な人なんだそうです。

特に女性はホルモンの関係で感情の浮き沈みがあって、激しい人はストレスで食べたり、食べなかったりします。

心の持ち方を意識する必要があるためですね。

ストレスが溜ってきた時に食べることで解消してしまう人は、そのストレスの原因を見つけることが大事ですね。

気持ちを抑えるというよりも、なんでこんなにイライラしているんだろうと考えるようにするといいみたいですよ。

イライラの根本的な原因としっかり向き合うことで、自分とうまく付き合うことができるようになります。

解決が難しい問題がある時ほど、食べるという解消法を選ぶ人が多いようですね。

仕事で成功したいと思っていても、なかなか思うようにはいきません。

そんなストレスって簡単に食べることで解消する食欲に向いてしまうことがあります。

人間関係の悩みも自分だけではなかなか解決しませんよね。

そんな時に食べることに走ってしまうことがあります。

食べる事って簡単ですから、それでイライラをごまかしてしまって、一時的なストレス解消を求めるとダイエットは失敗しますからね。

冷静に、冷静に自分と話すことで、イライラの原因を見つけたいですね。

何もやっていないっと言葉に気をつけて

スタイルがイイ人に何か気をつけているかを聞くと、何もしていないって言われることが多いですよね。

この言葉には気をつけたほうがいいようです。

スタイルのイイ人を見ると、自分と比較して自信をなくすことがおおいですよね。

その人たちからスタイルを維持する方法を教えてもらおうと質問をすると、何もやっていないよって応えられるのです。

そこであの人は特別だからと思うのはちょっと間違いのようですね。

スタイルを維持出来ている人って、自分の欲望を抑えたりするのが当たり前だと思っています。

そんな行動が当たり前だと思っていますし、毎日のことで習慣になっているので、特に何もしていないと答えることが多いのです。

自分と比べて食事の量が違っていたり、食材をよく選んでいたりします。

遅い時間には食べなかったり、定期的に運動をしたりしています。

ダイエットをしている自分からすれば、気をつけていることだらけですけど、本人からすれば何も特別なことをしているわけではないっと言う感じなんですね。

どんな生活習慣なのかを知ることが出来たらマネをしてみるといいですよ。

ダイエットへの一歩になるのかもしれないですからね。

ダイエットサプリメント 口コミ